“殿堂入り名センター”パトリック・ユーイング氏 新型コロナ陽性で入院

[ 2020年5月24日 05:30 ]

パトリック・ユーイング氏(AP)
Photo By AP

 NBAのニックスなどで活躍した元スター選手、パトリック・ユーイング氏(57)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、入院していることが分かった。同氏が監督を務めている米ジョージタウン大が22日、発表した。

 92年バルセロナ五輪米国代表で、08年にバスケットボール殿堂入りしたユーイング氏はツイッターで「このウイルスを侮ってはならない。皆さんも感染に気をつけて」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月24日のニュース