女子ゴルフ・後藤未有 大東建託とスポンサー契約、“ミレニアム世代”のエース

[ 2020年5月24日 19:09 ]

大東建託とスポンサー契約を結んだ後藤未有(右)
Photo By 提供写真

 2000年生まれの女子ゴルフ“ミレニアム世代”のエースで、福岡・沖学園高出身の後藤未有(19)が25日、建設・不動産の大東建託(本社・東京)とスポンサー契約を結んだ。

 後藤は九州女子アマで2勝。18年日本女子オープンでローアマを獲得し昨年のLPGAプロテストで単年度登録を得てプロデビューした。ベースボールグリップを提唱する福岡市のゴルフ指導者、篠塚武久氏門下で、男子プロ・時松隆光の“妹弟子”にあたる。同社が主催するLPGAツアー、大東建託・いい部屋ネットレディースにはアマ時代から出場しており「ジュニア時代からお世話になっている大東建託様とスポンサー契約をさせていただき、心よりうれしい。今後も精いっぱい努力を重ねます」とコメントしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月24日のニュース