大坂なおみ、年収40億!! シャラポワ超え…女子アスリート史上最高額に

[ 2020年5月24日 05:30 ]

大坂なおみ
Photo By スポニチ

 米経済誌フォーブス(電子版)は22日、テニス女子の大坂なおみ(22=日清食品)の年収が3740万ドル(約40億円)に達し、女子アスリートとしては史上最高額になったと発表した。従来の最高は15年のシャラポワ(ロシア)の2970万ドル(約31億8000万円)。来週発表される恒例のアスリート長者番付では、男子も含めて29位にランクインした。38歳のS・ウィリアムズ(米国)が3600万ドル(約38億5000万円)で33位で、上位100人に女子2人が入るのは4年ぶりとなった。

 ランキングは昨年6月1日から1年間の賞金やスポンサー収入などで算出。同誌によると、大坂は25年まで契約を結ぶナイキからの収入が1000万ドルを超えており、他にも日清食品、ANA、マスターカード、日産自動車、資生堂、ヨネックスなど計15社と契約を結んでいる。

 大坂は現在、世界ランク10位。対象期間は異なるが、19年の獲得賞金は678万8282ドル(約7億3000万円)だった。生涯獲得賞金は1461万7235ドル(約15億6000万円)で、その2倍以上をこの1年で稼いだ計算となる。19年に世界1位となった実績もあり、日本、米国、ハイチにルーツを持つ。日本のみならず世界で露出が高いことが、ばく大なスポンサー収入を後押ししている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月24日のニュース