「メンタルの戦い」米国人ランナー、ランニングマシンで160キロ走り世界最高記録

[ 2020年5月19日 13:25 ]

 マラソン(42・195キロ)より長い距離を走るウルトラマラソンの米国人ランナーが、ランニングマシンを使った100マイル(160キロ)の世界最高記録を更新したと米紙USAトゥデーが17日に伝えた。

 新型コロナウイルスの影響で外出が制限される中、アリゾナ州在住のザック・ビターが16日に自宅で挑戦。従来の記録を23分上回る12時間9分15秒で走りきった。

 ランニングマシンで30マイル(48キロ)以上を走ったことがなかったというビターは「くたくたになるレース。マシンはメンタルの戦い」と振り返った。今回の挑戦はアフリカの種族ムブティ・ピグミー支援のために行われたという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月19日のニュース