川内優輝の妻・侑子さん、あいおいニッセイ同和損保と所属契約

[ 2020年5月19日 12:15 ]

19年5月のバンクーバーマラソンでアベックVを達成後、帰国した羽田空港で取材に応じた川内(左)と侑子さん
Photo By スポニチ

 あいおいニッセイ同和損保は19日、同社所属のプロランナー川内優輝(33)の妻で元実業団選手の川内侑子さん(34)と4月1日付で所属契約を結んだと発表した。侑子さんは「実業団は引退したが、まだまだ元気に走ることを楽しみながら目標に向けて努力したい」とコメントした。

 侑子さんは19年3月の名古屋ウィメンズマラソンを最後に実業団を引退し、同年5月に川内と結婚。同年のバンクーバー・マラソンでは川内とアベック優勝を飾るなど引退後も積極的にレースに出場している。

 妻が“同僚選手”になったことについて、川内は「私が持っていない実業団での駅伝実績やスポーツ科学の知識を活かして、会社のサポートのもとで様々な地域貢献活動をして欲しいと思います」とエール。同社と川内が共同で取り組んでいる地域貢献活動の「マラソンキャラバン」については「妻が所属選手となったことを活かして、コロナ危機終息後には時には二手に分かれて活動することで、昨年度以上に多くの地域で全国の自治体・会社の支社・支店の皆さんとともにマラソンやイベントを盛り上げていきたいと思います」とコメントした。

 また、パラ競泳(上下肢障害S7クラス)の作田祐也(22)を4月1日付で採用したことも発表。作田は19年ジャパンパラ大会100メートル平泳ぎで優勝を飾っている。作田は「パラスポーツの力で日本が元気になれるような活動をしたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月19日のニュース