樋口新葉 公開練習でジャンプ修正「跳べるジャンプがうまくいかない」

[ 2019年9月24日 16:47 ]

取材に応じる樋口
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(18=明大)が24日、明治神宮スケート場で練習を公開した。25分ほど氷の感触を確かめたあと、フリー「ポエタ」をかけながら中盤の3回転ループを中心に確認した。

 今季プログラムに組み込む予定のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を8月中旬に初めて成功させ手応えを掴んでいたが、左足の甲に痛み。さらに「他のジャンプも崩れてきてしまった。跳べるジャンプがうまくいっていない」と苦笑いを浮かべた。現在はトリプルアクセルの練習は控え、その他のジャンプを修正することを最優先している。

 不調のまま迎えた今季初戦のロンバルディア杯では、精彩を欠いて8位に沈んだ。「(フリーは)ジャンプで失敗してから、全然踊りの方に気持ちが行かなかった」と振り返る。「今季中にはトリプルアクセルを跳べるようになりたい。(12月の)全日本選手権がピークになるように調子を上げていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月24日のニュース