野口、昨年と同じ女子銀「またセカンドコレクター…」

[ 2019年8月14日 05:30 ]

スポーツクライミング 世界選手権第3日 ( 2019年8月13日    エスフォルタアリーナ八王子 )

女子ボルダリング決勝、優勝したガルンブレト(左)と抱き合う野口啓代(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 銀メダルを獲得しても、野口に喜びはなかった。昨年とメダルの色は同じで、今季のW杯ボルダリングは4戦出場して全て2位。W杯6戦完全優勝で、昨年の世界選手権を制したガルンブレトに及ばず「悔しい。またセカンドコレクターですね」と淡々と振り返った。

 第1課題を3度目のアタックで完登すると、第2、3課題を失敗して迎えた最終第4課題。自身が登る時点ではメダル圏外で、「登れないと表彰台に上がれないと分かっていた」と集中。「絶対に一撃しようと思っていた」という決意通り、最初のトライでクリアした。「今大会は五輪の代表を獲るところに目が向いている。思い通り、いいスタートが切れた」。過去に4度W杯年間女王に輝いたボルダリングの銀メダルで、代表争いに弾みをつけた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月14日のニュース