渋野、初の軽井沢であえて“しぶこ節”「キヨキヨしい」 

[ 2019年8月14日 05:30 ]

渋野はカメラに向かって笑顔で手を振る
Photo By スポニチ

 2週前のAIG全英女子オープンで日本人史上2人目の海外メジャー優勝を果たした渋野日向子(20=RSK山陽放送)が13日、NEC軽井沢72(16日開幕、長野・軽井沢72G北C)に向けて会場入りした。

 渋野にとって、軽井沢は憧れの地。ショット練習など約3時間の調整を終えて「初めて来ましたけど、避暑地なのにあっつい!でも景色がキヨキヨしい感じ。まだどこにも行けていないけれど、滝に行って打たれてもいいかな」。かつてサッカーの本田圭佑が「清々しい(すがすがしい)」を誤読した「キヨキヨしい」を使用し「私はそう言ってるんです」と“しぶこ節”をさく裂させた。

 また、この日にはTポイント・ジャパンと、メジャー制覇後初のスポンサー契約の締結を発表。「Tポイントさんと一緒に、ゴルフを通じて日本を元気にしていきたい」。前週の北海道meijiカップでは13位。今大会に向けては「先週ほどの切れのないプレーはしない。上位争いができれば」と状態の良さをうかがわせた。 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月14日のニュース