ハーデンまた50得点でトリプルダブル ロケッツは西地区4位から3位に浮上

[ 2019年3月31日 13:34 ]

キングス戦で50得点をマークしたロケッツのハーデン(AP)
Photo By AP

 NBAは30日に各地で9試合を行い、ロケッツは地元ヒューストンでキングスを119―108(前半63―60)で下して49勝28敗。ピストンズに敗れたトレイルブレイザーズと入れ替わって、西地区全体4位から3位に浮上した。

 
 ジェームズ・ハーデン(29)はフィールドゴールを31本中13本(うち3点シュートは23本中7本)、フリースローを18本中17本成功させて50得点をマーク。11リバウンド、10アシストも記録し、今季9回目(通算18回目)のトリプルダブルを達成した。50得点以上での達成は歴代最多の5回目。50得点以上は歴代単独4位となる18回目となった。

 キングスは37勝39敗となって13季連続でポストシーズンは消滅。この結果、西地区全体7位のスパーズと8位サンダーのプレーオフ進出が確定した。

 西地区全体4位となったトレイルブレイザーズはピストンズに敗れて連勝は6でストップ。東地区全体8位のヒートは敵地ニューヨークでニックスを退けてここ8戦で6勝目を挙げている。なお前日にGリーグのプレーオフに出場していた渡辺雄太(24)はサンズ戦でグリズリーズのベンチ入りを果たしたが、出場機会はなかった。

 <その他の結果>

*クリッパーズ(46勝31敗)132―108キャバリアーズ(19勝58敗)
*ネッツ(39勝38敗)110―96セルティクス(45勝32敗)
マジック(38勝39敗)121―116*ペイサーズ(45勝32敗)
ヒート(38勝38敗)100―92*ニックス(14勝62敗)
ラプターズ(54勝23敗)124―101*ブルズ(21勝56敗)
76ers(49勝27敗)118―109*ティンバーウルブス(34勝42敗)
グリズリーズ(31勝45敗)120―115*サンズ(17勝60敗)

 *はホームチーム

 <プレーオフ進出確定チーム>

 ▼東地区=(1)バックス、(2)ラプターズ、(3)76ers、(4)セルティクス、(5)ペイサーズ
 ▼西地区=(1)ウォリアーズ、(2)ナゲッツ、(3)トレイルブレイザーズ、(4)ロケッツ、(5)ジャズ、(6)クリッパーズ、(7)スパーズ、(8)サンダー

 *数字は30日現在の地区全体順位。プレーオフには東西両地区各8チームが進出

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年3月31日のニュース