昨年12月に右足首負傷…宇野 構成難度落として挑戦へ

[ 2019年2月7日 05:30 ]

フィギュアスケート四大陸選手権 ( 米カリフォルニア州アナハイム )

<四大陸選手権男子練習>樋口コーチに笑顔を見せる宇野昌磨(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 昨年12月の全日本選手権で右足首を痛めた男子の宇野は大幅に難度を落とした構成で挑むことになりそうだ。

 SPの音楽を流した公式練習では4回転トーループ、サルコー―トーループの2連続3回転ジャンプ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳び、得点源の4回転フリップを外した。関係者によると、フリーでは練習をほとんど積めていない4回転サルコーを回避する方針。4回転フリップを構成に入れるかどうかは今後の状態を見て判断するという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年2月7日のニュース