張本、右肩の精密検査へ 世界ジュニア欠場で伊から帰国

[ 2017年11月22日 05:30 ]

卓球男子の張本智和
Photo By スポニチ

 卓球男子の張本智和(14=エリートアカデミー)が、右肩痛で世界ジュニア選手権(26日開幕、イタリア)を欠場し、21日に羽田空港に帰国した。

 10月の合宿中から右肩に違和感を抱え、17日のスウェーデン・オープン2回戦を終えると痛みが増した。「ぎりぎりドライブを振れるか振れないか。痛みがずっと続いているのは初めて」と状態を説明。ワールドツアーやアジア太平洋リーグ参戦で過酷な日程となり、「ストレッチとかでケアしていたけど足りなかった」と言う。精密検査を受け、重傷でなければ12月14日開幕のグランドファイナル(カザフスタン)で復帰する予定だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月22日のニュース