白鵬の“抗議行動”に山科審判長「手本になる人がねえ」

[ 2017年11月22日 22:26 ]

勝ち名乗りが始まっても抗議を続ける白鵬
Photo By スポニチ

 立ち合い不成立を訴えた横綱・白鵬の“抗議行動”について、山科審判長(元小結・大錦)は「手本になる人がねえ」と残念がった。

 立ち合いの手突きが不十分で待ったの多い力士は後で審判部に呼び出され、注意されることもあるが、同審判長は「それは明日みんなと相談して。横綱を呼び出すのは俺一人じゃ決められない」と慎重な姿勢だった。

 八角理事長(元横綱・北勝海)は「自分本人がビデオ見たら分かるんじゃない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月22日のニュース