白鵬が稽古再開 左膝気にするも冷静「ゆっくりやっていく」

[ 2017年8月31日 05:30 ]

9月10日初日大相撲秋場所

 2連覇中の白鵬が東京都墨田区の宮城野部屋で稽古を再開した。相撲は取らずに四股など基本運動で汗を流すと、腕立て伏せやゴムチューブを使って上半身を鍛えた。

 不安を抱える左膝に手を置き、気にするそぶりを見せながらも、「(体が)温まったら思い通りの感じになった。ゆっくりとやっていく」と冷静な様子。2年前の秋場所は左膝のケガで休場したが、「痛みはおととしよりまし」と明るい表情だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年8月31日のニュース