PR:

錦織10位、3年ぶり2桁順位 ナダルが1位返り咲き

 男子テニスの21日付世界ランキングが発表され、右手首の腱を断裂して今季の残り試合を欠場する錦織圭(日清食品)は前週の9位から10位に後退し、2014年8月25日付の11位以来、3年ぶりの2桁順位となった。錦織はシーズン終了時には20位以下に下がる見通し。杉田祐一(三菱電機)は46位から自己最高に並ぶ43位に上昇した。

 ラファエル・ナダル(スペイン)が3年ぶりに1位に返り咲き、ウィンブルドン選手権後、試合から遠ざかっているアンディ・マリー(英国)は2位に後退した。3位ロジャー・フェデラー、4位スタン・バブリンカ(ともにスイス)は変わらなかった。(共同)

 ウィンブルドンテニスはWOWOWにて連日生中継(7/2~15※初日無料放送)
 外出先でも、見逃した試合もオンデマンド配信で!放送スケジュールなど詳細はこちら

[ 2017年8月21日 14:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月26日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画