米国が1・2位独占 チェプコエチ道間違えメダル逃す 女子3000障害

[ 2017年8月13日 05:30 ]

陸上世界選手権第9日 女子3000メートル障害 ( 2017年8月12日    英ロンドン・ロンドン競技場 )

女子3000メートル障害決勝 最後の水濠を越える米国のエマ・コバーン(右)とコートニー・フレリクス(左)ら
Photo By 共同

 史上初めて米国勢によるワンツー・フィニッシュ(コバーン、フレリクス)となったが、スタート直後にハプニング。カーブの内側に設置されている水壕(すいごう)に最初に差しかかったとき、先頭を走っていたケニアのチェプコエチがそのままトラック内を駆け抜けてしまった。チェプコエチは後続の選手が水壕を跳び越えるのを見てすぐに引き返してコースに戻ったがタイムを大幅にロス。結局、3位に6秒遅れとなってメダルを逃してしまった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年8月13日のニュース