全日本ポーカー選手権東京予選 193人が決勝ラウンド進出

[ 2017年8月13日 05:30 ]

計1924人がエントリーして行われたAJPC東京予選
Photo By スポニチ

 スポニチ主催「AJPC(全日本ポーカー選手権)2017」のメイントーナメント部門・東京予選最終日が12日、東京・平和島BIG FUNで行われた。東京予選は5、6、11、12日を含めた4日間に計1924人がエントリー。193人が今月19日に横浜で行われる決勝ラウンドDAY1に進出した。

 長野県から友人4人と予選出場のために上京し、唯一決勝ラウンドに駒を進めた櫻井拓也さん(24)はポーカー歴1年3カ月で初出場。地元ではアミューズメント等でポーカースポットがないため、イベント団体「LAND」でポーカーを楽しんでいるという櫻井さんは「自分のプレースタイルはタイトプレーなので、チップが少なくなってもタイトなプレーに徹して、優勝を目指したい」と決勝ラウンドへの意気込みを話した。

 また、レディーストーナメント部門DAY1−Aも同時開催され71人がエントリーした。

 次回の開催は横浜ワールドポーターズ(6階イベントホール)に会場を移し、19日にメイントーナメント部門DAY1、レディーストーナメーント部門DAY1−B、シニアトーナメント部門DAY−B、ジュニアトーナメント部門横浜予選A、20日にメイントーナメント部門DAY2、レディーストーナメーント部門DAY2、シニアトーナメント部門DAY2、ジュニアトーナメント部門横浜予選Bが行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年8月13日のニュース