ボルト“初予選”もアンカーで快走「決勝に進めて良かった」

[ 2017年8月13日 05:30 ]

陸上世界選手権第9日 男子400メートルリレー予選 ( 2017年8月12日    英ロンドン・ロンドン競技場 )

男子4×100メートルリレー予選、決勝進出を果たし声援に応えるボルト
Photo By スポニチ

 ジャマイカのボルトは現役最後の出場種目となる男子400メートルリレーで五輪、世界選手権を通じて初めて予選から登場。2組でアンカーを務め、カナダ、中国、フランスと先頭を争う位置でバトンを受け取ると一気に抜け出した。

 地鳴りのような歓声に快走で応え「決勝に進めて良かったよ」と涼しげに話しながらも、自身5連覇が懸かる決勝に向けて「まだミスはあった」と気を引き締めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年8月13日のニュース