白鵬 左膝痛で13日から離脱 大相撲夏巡業

[ 2017年8月13日 05:30 ]

夏巡業から離脱することになった白鵬
Photo By スポニチ

 大相撲の横綱・白鵬が左膝痛のため、夏巡業を13日から離脱すると、日本相撲協会の玉ノ井巡業部副部長(元大関・栃東)が12日、明らかにした。「膝の調子が悪く治療をするということだった」と説明した。東日本大震災からの復興を願って岩手県釜石市であす14日に実施する横綱土俵入りは代わりに日馬富士が稀勢の里とともに務める。白鵬は7月の名古屋場所で通算最多勝記録を更新し、39度目の優勝を果たした。先月末にモンゴルから再来日した際には「(巡業は)痛めているところを悪化させないように、暑さに負けないで頑張りたい」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年8月13日のニュース