羽生 フリー歴代最高得点で逆転V 宇野と1、2位独占 世界選手権

[ 2017年4月1日 20:49 ]

フィニッシュで気迫の表情を見せる羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権は1日、フィンランド・ヘルシンキで行われ、男子フリーで羽生結弦(22=ANA)は223・20点をマーク。自身が持つフリーの歴代最高得点を更新し、SPとの合計321・59点。SPは5位と出遅れたものの、逆転で3年ぶりの王座奪回を果たした。SP2位と好発進した宇野昌磨(19=中京大)は214・45点、合計319・31点で2位となり、初めて表彰台に上った。

 課題となっている4回転サルコー―3回転トーループの連続ジャンプを始め、全てのジャンプを成功させ、見たか?と言わんばかりのドヤ顔。得点を確認すると一瞬眼を大きく見開き驚いたが、両手で大きくガッツポーズし喜びをかみ締めた。

 宇野は3回転ルッツの着氷でバランスを崩したがその他はミスなくまとめ、左手で大きくガッツポーズ。初めて世界選手権に出場した昨年は7位だったが、大きく順位を上げ初のメダル獲得となった。

 3位は204・94点で合計303・58点の金博洋(19=中国)。SP首位発進したハビエル・フェルナンデス(25=スペイン)はフリーでミスが目立ち192・14点。合計301・19点で4位だった。SP22位の田中刑事(22=倉敷芸術科学大)は148・89点で合計222・34点。19位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年4月1日のニュース