日本代表の宮崎 競技通じて「日本元気に」震災復興支援イベント

[ 2017年3月21日 05:30 ]

子どもたちとの試合で「本気のプレー」を見せる宮崎大輔
Photo By スポニチ

 東日本大震災復興支援を目的としたイベント「HAND TO HANDチャリティートーナメント」が横浜市内の横浜国際プールスポーツフロアで開かれ、ハンドボール日本代表の宮崎大輔(35=大崎オーソル)らが参加。

 ハンドボールを通じて子供たちと触れ合った宮崎は「震災後に自分もハンドボールで日本を元気にしたいという気持ちがあった。子供たちが楽しく試合できて凄く楽しい機会。(子供たちが)本気で攻めてくるので、こっちも本気のプレーをしてしまいます」と笑顔だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年3月21日のニュース