世界選初代表の井上「自分が新しい歴史刻む」メダル争いに意欲

[ 2017年3月21日 05:30 ]

世界選手権マラソン男女代表研修会&記者会見 ( 2017年3月20日 )

<世界陸上マラソン日本代表選手・会見>世界陸上での抱負を語る井上
Photo By スポニチ

 男子で期待される24歳の井上は初出場ながら「メダルを争うレースをしたい」と強気な言葉で意欲を表した。

 川内が30歳、中本が34歳とベテラン2人と同じ代表選手となり「しっかり見て吸収したい」と話した一方で「初めての代表だからこそできることがある」と気合十分。東京五輪に向けて大事な大会となるだけに「自分が新しい歴史を刻んでいけるようにならないと」と男子の中心選手となる意気込みだ。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年3月21日のニュース