×

三宅宏実「金に挑戦したい」リオ報告会で東京へ意欲

[ 2016年10月16日 19:50 ]

 リオデジャネイロ五輪重量挙げ日本代表の報告会が16日、東京都内で行われ、女子48キロ級で銅メダルを獲得した三宅宏実(いちご)は「金メダルへの道は難しいが、そこにもう一回挑戦したい」と4年後の東京五輪への意欲を語った。

 リオ五輪後は左の腰から脚にかけてしびれが残り、治療に専念しているという。年内に練習を再開し、来年は基礎体力づくりに充て、2018年からの大会出場を目指す考えで「20年に合わせて持っていきたい」と話した。報告会には、前日本重量挙げ協会会長で東京都の小池百合子知事も出席し「大舞台での堂々とした試合だった」と選手をねぎらった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年10月16日のニュース