畠山がニューカッスル入団会見「好機でアピールしたい」

[ 2016年2月10日 23:17 ]

ラグビーのイングランド・リーグ、プレミアシップのニューカッスルに移籍し、記者会見する日本代表プロップの畠山健介(右)

 ラグビーのイングランド・リーグ、プレミアシップのニューカッスルに期限付き移籍した昨年のワールドカップ(W杯)イングランド大会日本代表のプロップ畠山健介(30)が10日、英国のニューカッスルで入団会見に臨み、「チャンスでしっかりアピールしていきたい」と力強く抱負を述べた。

 リーグ戦に出場すれば、日本選手としては2000年にサラセンズ入りした日本代表の岩渕健輔ゼネラルマネジャー以来2人目となる。畠山は「僕が活躍することで、プレミアシップのチームが日本選手を見てくれる。活躍する責任がある」と話した。

 移籍期間は4月まで。リーグ戦は昨年10月に開幕しており、5月まで行われる。ニューカッスルは11試合を終えて12チーム中最下位に沈む。畠山は日本のトップリーグではサントリーに所属し、W杯では日本の歴史的3勝に貢献した。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年2月10日のニュース