田児、世界1位破り決勝へ/インドネシア・オープン

[ 2014年6月22日 00:37 ]

 バドミントンの世界連盟スーパーシリーズ、インドネシア・オープンは21日、ジャカルタで行われ、男子シングルス準決勝で世界ランキング4位の田児賢一(NTT東日本)が同1位のリー・チョンウェイ(マレーシア)を2―1(21―16、15―21、21―16)で破る金星を挙げ、決勝に進んだ。

 リーと通算19度目の対戦だった田児は昨年10月のフランス・オープン準決勝以来、2度目の白星となった。初のスーパーシリーズ制覇を懸け、22日の決勝でヤン・ヨルゲンセン(デンマーク)と対戦する。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年6月22日のニュース