19歳・藤田光里、2位急浮上!パット絶好調で65 

[ 2014年6月22日 05:30 ]

1番、ティーショットを放つ藤田

女子ゴルフツアー・ニチレイ・レディース第2日

(6月21日 千葉県千葉市 袖ケ浦カンツリークラブ新袖コース=6584ヤード、パー72)
 昨年12月の新人戦に勝った藤田光里(19=Leopalace21)がこの日のベストスコアに並ぶ65をマーク。通算6アンダーに伸ばして前日の23位から首位と4打差の2位に浮上した。今季3度目の最終日最終組で初優勝を目指す。同じく65で回った申ジエ(26=韓国)が通算10アンダーで単独首位となった。
【第2R成績】

 驚いたのはギャラリーだけじゃない。藤田も、キャディーで妹の美里さん(18)も信じられなかった。18番で9つ目のバーディーを奪い2位に浮上し「こんなの今までにない。(パットが入り過ぎて)きょうはどうしたんだろうと。凄い気持ち悪かった」と驚きを隠せなかった。

 1番で3メートル、3番と5番で2メートル、7番と8番で5メートルを入れ、アウトで5バーディー。インでも4バーディーを奪い、自己ベストを更新した。計25パットに抑えた要因はカップをオーバーさせる意識と「テークバックが速くならないようにしたこと」と分析。さらに「ミスを引きずらなくなった」と気持ちの切り替えも勢いにつながった。

 初優勝へ望みをつなぎ「きょうみたいにパットが入れば」と逆転を見据えていた。

 ▼1位・申ジエ 思っていたよりもバーディー数が多くてビックリ。ただボギーも3つあったので、その点が残念。(10バーディーを量産し、10年ミズノクラシック以来の優勝王手)

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年6月22日のニュース