真央、安倍首相と熱い?ハグ「そういうハグではないので」

[ 2014年4月25日 13:40 ]

 フィギュアスケート女子の浅田真央(23=中京大)が首相の熱い?ハグで五輪での活躍をねぎらわれた。25日に総理大臣官邸で行われたソチ五輪とパラリンピックの入賞者記念品贈呈式に出席。贈呈式後に行われた懇談会では、男子金メダルの羽生結弦(19=ANA)らと一緒に安倍晋三首相と談笑した。

 羽生は安倍首相に金メダルをかけて記念撮影すると、「僕がしたら真央ちゃんもしなきゃ」と、なぜか首相とハグする不思議な展開に。笑顔で歩み寄る安倍首相。遠慮気味に少し体をのけぞらせる浅田。最後はしっかりと抱擁をかわした。

 浅田は報道陣に「そういうハグではないので」と笑顔で釈明しつつ、今後の現役生活については「まだ落ち着いてゆっくり考える時間が取れてない。もう少しゆっくりしてからです」とこれまでと同じように語るにとどめた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年4月25日のニュース