城西大 中大 山登りで無念の棄権

[ 2013年1月2日 14:04 ]

 第89回箱根駅伝で10年連続10回目出場の城西大が2日、往路5区の18・3キロ地点で棄権した。

 5区の走者浜本(4年)が蛇行して走っていたところ倒れて、医務車に収容されたという。

 前回6位の城西大はこれで来年のシード権を失い、復路には参加できるが、記録なしとなり、順位はつかない。

 中大も5区21・7キロ付近、ゴールまでわずか1・7キロを残して、野脇(4年)が無念の棄権。28年続いたシード権を失い、来年は予選会から本大会を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2013年1月2日のニュース