オラサバル スピード違反で現行犯逮捕

[ 2012年4月12日 06:00 ]

 ゴルフのマスターズで予選落ちしたスペインのホセ・マリア・オラサバル(46)がスピード違反で現行犯逮捕され、定番の容疑者写真(マグ・ショット)を撮られた。

 94年と99年に同大会を制覇している同選手は、16日にジョージア州オーガスタから今週の試合会場となる南カロライナ州ヒルトンヘッドに車で移動。しかし制限速度105キロのハイウエーで156キロを出したために警官に制止させられた。収監はされなかったものの、現金で621ドル(約5万円)の罰金を支払うはめになり、手痛い“ミス・ショット”となってしまった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月12日のニュース