北の湖理事長ら文科省の平野大臣にあいさつ

[ 2012年4月12日 06:00 ]

 2月から新体制となった日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)、九重事業部長(元横綱・千代の富士)ら幹部が11日、監督官庁の文部科学省を訪れ、平野博文文科相にあいさつを行った。

 北の湖理事長は「3月の春場所は9日間、満員御礼が出ました。今後もファンの皆さまのために努力していきたい」と報告。公益財団法人の移行認定という大きな課題が残っているだけに、平野氏は「新体制で今後も頑張ってほしい」と指導した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月12日のニュース