3日間の休みは海外ドラマ三昧 鶴竜 稽古再開「まずは勝ち越し」

[ 2012年4月12日 17:38 ]

夏場所への意気込みを語る新大関鶴竜

 大相撲の新大関鶴竜が12日、東京都墨田区の井筒部屋で、夏場所(5月6日初日・両国国技館)に向けた稽古を4日ぶりに再開した。

 8日に春巡業を終えてからは完全休養した。稽古は非公開だったが、四股やてっぽうなどで汗をかいたそうで「(新大関と)意識しないでやりたい。優勝は一日一日の積み重ねの結果。まずは勝ち越すことが大事」と夏場所へ自然体で臨むことを強調した。

 大関の座をつかんだ3月の春場所後は昇進関連の行事などに追われ、体重が1、2キロ減ったという。3日間の休みは好きな海外ドラマを見て過ごし「相撲から離れてリラックスできた」と心身の回復に努めた。

 春場所で横綱白鵬と優勝争いし、史上初の6大関で迎える夏場所では初優勝の期待もかかる。「横綱になった人は(大関昇進後)すぐに上がっている。気持ちの持っていき方だと思う」と、昇進争いから一番に抜け出したい思いも芽生えた様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月12日のニュース