PR:

41歳の若さで 元幕内の大輝煌が死去

 大相撲の元幕内大輝煌の林正人(はやし・まさと)さんが6日午後4時、脳出血のため和歌山県の自宅で死去した。41歳。和歌山県出身。通夜は7日午後7時から、葬儀・告別式は8日午前10時半から、ともに和歌山県御坊市島474の1、御坊セレモニーホールで。喪主は父正夫(まさお)氏。

 近大時代に学生横綱となり、90年春場所で武蔵川部屋から幕下最下位格(60枚目)付け出しで初土俵。重い腰を生かした寄りで出世し、同年九州場所で新十両。武蔵川部屋の関取第1号となった。「大輝煌」のしこ名で十両を1場所で通過し、91年初場所新入幕。しかしけがに泣き、93年夏場所で土俵人生を終えた。相撲人生の晩年はしこ名を「輝ノ海」に改めていた。

[ 2009年6月7日 23:49 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月14日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム