×

浦和ロドリゲス監督が新助っ人に言及 「1年以上前からチェックしていた」 7月上旬に来日予定

[ 2022年7月1日 12:33 ]

オランダ1部フェイエノールトのFWブライアン・リンセン(AP)
Photo By AP

 浦和のリカルド・ロドリゲス監督(48)が1日、オンライン取材に応じ、オランダ1部フェイエノールトから完全移籍での加入がクラブ間合意したと6月27日に発表されたFWブライアン・リンセン(31)に言及した。

 ロドリゲス監督は「1年以上前からチェックしていて、獲得したかった選手。今回のウインドーでやっと実現した」とし、「シュート力があり、プレスもかけられ、複数ポジションをこなせる。(チームは)チャンスをたくさんつくっており、足りないゴールを彼が決めてくれれば」と強調。そのうえで「浦和をより危険な存在にしてくれることを期待している」とした。

 リンセンは7月上旬に来日予定。日本でメディカルチェックなどを受け、正式契約を結ぶ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月1日のニュース