川崎F・小林“生きている実感”ゴールで4強決める! 27日天皇杯準々決勝VS鹿島

[ 2021年10月26日 05:30 ]

川崎FのFW小林悠
Photo By スポニチ

 川崎FのFW小林が25日、27日の鹿島との天皇杯準々決勝に向けオンラインで取材対応。8月28日のリーグ札幌戦以来ゴールから離れている34歳のベテランは「やっぱりゴールを決めていないと生きている感じがしない。ゴールに凄く飢えている。まず1点決めたいですね」と強い意欲をのぞかせた。

 今回と同じホームで行われた5月30日のリーグ鹿島戦では、1―1の後半アディショナルタイムに劇的な決勝弾を決めており、再現に期待がかかる。

 首位を走るリーグ戦は次節11月3日のホーム浦和戦で連覇が決まる可能性がある。天皇杯も連覇が懸かっており、2年連続2冠へまずは宿敵撃破で天皇杯4強入りを目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月26日のニュース