×

浦和 年間無失点のクラブ記録に王手!GK西川「練習は嘘つかない。自信を持って戦えている」

[ 2021年9月28日 14:16 ]

横っ飛びでシュートを弾く浦和GK西川
Photo By スポニチ

 浦和のGK西川周作(35)が28日、全体練習後のウェブ取材に応じ、好調なチームを支える「堅守」への手応えを口にした。今季の無失点試合は既に14年のクラブ記録に並ぶ16戦を数え、新記録に王手を懸けている。

 「攻撃と守備がいい形で繋がっている。コンパクトに守ってくれるので(GKの)仕事は多くない。相手のチャンスの芽を摘むことで勝つチャンスが出てくる。自信を持って戦えている。ビルドアップでミスが起きても前向きな声をかけあい、ポジティブな切り替えが出来ている」。

 例えば25日のFC東京戦では前半1分、DF酒井が一瞬の隙を突かれ、6戦ぶりとなる失点を喫した。試合中、「ゴメン、俺のミス」と話す酒井に、周囲が「大丈夫、大丈夫、まだ早いから」と声を揃えた。前向きに切り替えることでその後の逆襲に転じた。

 日頃の練習にも勝負強さが垣間見える。居残りのシュート練習でもただ打つだけではなく、各々がこぼれ球にも反応。西川は「ボールが切れるまでやるというのを続けている。やはり練習は嘘をつかない」と話す。ゴール前のこぼれ球に対し、攻守において反応が鋭くなっている要因の1つだ。

 28日は、浜野征哉GKコーチの49歳の誕生日とあってGK陣でお祝いもした。「浜さんは全体練習後も、試合日の早朝も走ってる。一番、運動量が多いです。その意識の高さを学んでます。49歳の1年が良い年になるように一緒に頑張っていきたいです」。シーズン無失点試合数のクラブ記録を更新し、恩返しするつもりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年9月28日のニュース