×

U24日本代表 東京五輪メンバー発表!A代表主力3人がOA枠で選出、DF吉田は最多3度目の出場へ

[ 2021年6月22日 14:12 ]

日本A代表で主力として活躍している(左から)吉田、酒井、遠藤航
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会(JFA)は22日、東京五輪に出場する男子U―24日本代表メンバー18人を発表。注目のMF久保建英(20=レアル・マドリード)、MF堂安律(23=PSV)、冨安健洋(22=ボローニャ)ら主力が順当に選出。年齢制限のないオーバーエイジ(OA)枠にはDF吉田麻也(32=サンプドリア)、DF酒井宏樹(31=浦和)、MF遠藤航(28=シュトゥットガルト)のA代表でも主力を務める3人が選ばれた。吉田は08年北京五輪、12年ロンドン五輪に続き、OA枠が導入された96年アトランタ五輪以降では単独最多となる3度目の出場が決まった。

 吉田らOA枠の3人は先月31日にスタートした同代表合宿に初参加。U―24ガーナ代表戦(〇6―0)とジャマイカA代表戦(〇4―0)の国際親善試合2試合に3人そろって先発フル出場。高いパフォーマンスを見せつけた。

 吉田は当時19歳で参加した北京大会で五輪初出場。ロンドン五輪はOA枠として参加し、主将としてベスト4進出に貢献。今回が9年ぶり3度目の五輪出場となる。酒井は12年ロンドン五輪以来2度目、遠藤航は16年リオ五輪以来2度目でともにOA枠としては初出場。五輪経験者をそろえた3人は“過去最高のOA枠”としての呼び声も高い。

 68年メキシコ大会(銅メダル)以来、53年ぶり2度目のメダル獲得を目指す日本は、本大会1次リーグでU―24フランス代表、U―24メキシコ代表、U―24南アフリカ代表と同組。対戦順は南アフリカ(22日、東京ス)、メキシコ(25日、埼玉)、フランス(28日、横浜国際)を予定。成績上位2チームが決勝トーナメントへと進み、B組を勝ち上がってきたU―24韓国代表、U―24ルーマニア代表、U―24ホンジュラス代表、U―24ニュージーランド代表のいずれかと対戦する。

 なお、チームは7月12日にU―24ホンジュラス代表(ヨドコウ桜スタ)、同17日にはU―24スペイン代表(ノエスタ)との国際親善試合を予定。同じく五輪に出場する2チームとの“前哨戦”を経て本大会に臨む。

<男子サッカー東京五輪メンバー>

【GK】
大迫敬介(21=広島)背番号1
谷晃生(20=湘南)背番号12

【DF】
※吉田麻也(32=サンプドリア/イタリア)背番号5
※酒井宏樹(31=浦和)背番号2
板倉滉(24=フローニンゲン/オランダ)背番号4
中山雄太(24=ズヴォレ/オランダ)背番号3
旗手怜央(23=川崎F)背番号13
冨安健洋(22=ボローニャ/イタリア)背番号14
橋岡大樹(22=シントトロイデン/ベルギー)背番号15

【MF】
※遠藤航(28=シュトゥットガルト/ドイツ)背番号6
相馬勇紀(24=名古屋)背番号16
三好康児(24=アントワープ/ベルギー)背番号8
三笘薫(24=川崎F)背番号11
堂安律(23=PSV/オランダ)背番号10
田中碧(22=川崎F)背番号17
久保建英(20=レアル・マドリード/スペイン)背番号7

【FW】
前田大然(23=横浜)背番号9
上田綺世(22=鹿島)背番号18

※はオーバーエイジ(OA)枠

<バックアップメンバー>
【GK】
鈴木彩艶(18=浦和)
【DF】
町田浩樹(23=鹿島)
瀬古歩夢(21=C大阪)
【FW】
林大地(24=鳥栖)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年6月22日のニュース