異例!?日本代表、5~6月に国際Aマッチ5試合 ピクシー率いるセルビアに対戦打診

[ 2021年4月2日 05:30 ]

日本代表の森保一監督
Photo By スポニチ

 日本代表が5月28日~6月15日に異例の国際Aマッチ5試合を戦う可能性が高くなった。

 アジア連盟は1日までにW杯予選ミャンマー戦の日程を6月3日から国際Aマッチデーではない5月28日に変更。日本代表は予定通り6月3、11日に親善試合、同7、15日にW杯予選タジキスタン、キルギス戦開催が可能に。5月29、30日はJ1開催日のためミャンマー戦は海外組中心となることが濃厚。勝てば2次予選突破が決まり、その後4試合は東京五輪、W杯最終予選を見据えた強化にトライできる。

 親善試合の対戦国は「欧州選手権に出場しない欧州が視野に入る」と反町技術委員長。関係者によれば既にストイコビッチ監督率いるセルビアに対戦を打診している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月2日のニュース