増嶋竜也さん主催トライアウトが終了 Jクラブなどから獲得打診

[ 2021年3月8日 06:00 ]

自らが主催したトレーニングキャンプを終えた増嶋竜也さん
Photo By スポニチ

 昨季限りで引退した元千葉の増嶋竜也さん(35)が主催するトレーニングキャンプが7日、大阪の堺市内で3週間の日程を終えて打ち上げた。元Jリーガーらが新たな所属先を探すトライアウトで、最終日はJFLのティアモ枚方と練習試合を実施。J1通算338試合出場を誇るMF兵藤慎剛(35)や元J2磐田のDF宮崎智彦(34)らが出場し、3―1で勝利した。

 「めちゃくちゃ大変でしたけど、終わった後の選手を顔を見て“やって良かったな”という思いが強い。終わる寂しさもありますね」と増嶋さん。すでにJリーグやJFLのクラブから獲得の打診を受けている選手もおり「それぞれから“チームが決まった”という報告をもらえたらうれしい」と続けた。

 今後は、新天地が決まらなかった選手の就職などもサポートしていく予定。一方、クラウドファンディングで募っていたキャンプの開催費用は、この日までに目標の600万円を超える額が集まった。多くの支援に感謝するとともに、来年も同様のキャンプを実施するか問われた増嶋さんは「やります」と力強くうなずいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年3月8日のニュース