バルサ期待の新星・ファティ 長期離脱の可能性、左膝内側半月板を負傷

[ 2020年11月8日 19:47 ]

<バルセロナ・ベティス>左膝を押さえるファティ(AP)
Photo By AP

 スペイン1部バルセロナの期待の新星、スペイン代表FWアンス・ファティ(18)が長期離脱する可能性が出てきた。

 7日のベティス戦で前半だけで退いたファティについて、クラブは8日に左膝内側半月板を負傷したとの検査結果を発表。今後の治療については近日中に決定するという。

 地元紙ムンド・デポルティボは、最悪の場合は4カ月離脱するとの見通しを報じた。

 昨年8月に16歳でトップチームでデビューを果たしたファティは、2シーズン目となった今季は公式戦10試合に出場して5得点2アシストと主力として活躍しており、チームにとっても痛すぎる離脱となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月8日のニュース