横浜FCカズ 9戦ぶりメンバー入りへ“開幕戦幻のスター対決”VSイニエスタあるぞ!

[ 2020年11月8日 05:30 ]

横浜FC・三浦知良(左)と神戸・イニエスタ
Photo By スポニチ

 横浜FCのFW三浦知良(53)が8日のホーム神戸戦で9戦ぶりにメンバー入りすることが7日、濃厚となった。今季開幕前から注目された神戸の元スペイン代表MFイニエスタ(36)とのドリーム対決は実現なるか――。カズが出場すれば9月23日の川崎F戦以来。53歳8カ月13日でのJ1最年長ゴール&カズダンスにも期待が高まる。

 ついに「カズVSイニエスタ」のドリーム対決が実現しそうだ。既に入場券は完売。まるでこの時を待っていたかのようにカズがきょう8日のホーム神戸戦で9戦ぶりにメンバー入りする見通しだ。神戸とは2月23日の今季開幕戦でも激突しているが、当時はカズがメンバーを外れたため、世紀の対決はお預けとなっていた。

 カズにとっても特別な一日になる。昨年11月、J1昇格を決め、口にしたのが「イニエスタの股を抜きたいね」の名言。何より楽しみにしていた対戦だ。尊敬しあうスーパースター同士、2月のキックオフカンファレンスで顔を合わせた際も意気投合した。カズが堪能なポルトガル語、イタリア語で「僕にもパスを下さい!」と笑わせると神戸での会食の誘いも受けた。打ち解けるのに時間はかからなかった。

 横浜FCは現在、3連敗中。下平監督は以前から「苦しい時こそカズさんの力が必要。メンバー入りするだけで選手の士気が上がり雰囲気が変わる」と話し、絶大な影響力に期待を寄せる。クラブ側も、日本のキングとスペインの至宝がそろったタオルマフラー、マグカップなどコラボ商品を販売予定。機運は高まっている。

 9月23日の川崎F戦では抜群のポストプレーで好機を演出するも得点には絡めず「エリア内での仕事が少なかった。その辺が物足りない」と話したカズ。神戸戦ではジーコ(41歳3カ月12日)を超えるJ1最年長弾も期待される。イニエスタの目の前でカズダンス――となればこれ以上、ドラマチックな展開はない。

 【カズVS主なW杯V戦士】(成績はカズ、国内所属はV川崎)
 ☆リトバルスキー(90年大会西ドイツ代表)93、94年市原所属時に対戦し、計5試合2得点。93年8月7日にはリトバルスキーが先制弾、カズが同点弾。05年シドニーFCでは監督と選手の関係に。
 ☆ブッフバルト(90年大会西ドイツ代表)95~97年浦和で対戦し5試合2得点。DFとして直接対決も。
 ☆レオナルド(94年大会ブラジル代表)95年鹿島で対戦し2試合3得点。9月30日にはカズが自身2度目のハットトリック達成。
 ☆ジョルジーニョ(94年大会ブラジル代表)95~98年鹿島で対戦し5試合3得点。96年最終戦11月9日には鹿島が優勝、2得点のカズが得点王にを決める。
 ☆ドゥンガ(94年大会ブラジル代表)95~98年磐田で対戦し4試合1得点。サントス時代は同僚だった。
 ☆バレージ(82年大会イタリア代表)セリエAジェノアに移籍した94年、ACミランとの開幕戦で対戦し、競り合いで激突して鼻骨を骨折。これをきっかけに親交を深めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月8日のニュース