G大阪・宮本監督 上位進出のカギはセットプレー 「得点取れると優位に運べる」

[ 2020年10月18日 05:30 ]

きょうの大分戦へ向けてオンライン取材に応じるG大阪の宮本監督(C)GAMBA OSAKA
Photo By 提供写真

 G大阪の宮本監督がセットプレーでの得点増加に期待した。

 前節の横浜戦で引き分けて連勝は「6」でストップしたが、攻守ともに成熟。さらなる上位進出を目指し「セットプレーで得点が取れると試合を優位に運べる」と今後のテーマに掲げた。

 今季総得点32のうち、FKやCK絡みの得点数は「5」。18日の敵地・大分戦へ向けてもセットプレーは確認したという。「大事なのは(出し手と受け手の)呼吸の合わせ方。自分たちが先にボールに触って何かを起こしたい」と、終盤戦の武器へと昇華させていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年10月18日のニュース