横浜・水沼 J史上初“父子ゴール”も今季最悪4失点「もっと貪欲に高みを目指す」

[ 2020年10月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第23節   横浜1-4C大阪 ( 2020年10月17日    ヤンマー )

C大阪に完敗しガックリの横浜イレブン
Photo By スポニチ

 横浜は、11年8月以降白星のない“鬼門”の相手にまたも敗れた。

 今季ワーストタイの4失点。その中で途中出場したMF水沼が最終盤に頭で古巣からゴールを奪って意地を見せた。下部組織から育ち、今季復帰した横浜での初得点。そして父の元日本代表MF水沼貴史氏に続き、同一クラブでJリーグ史上初の“父子ゴール”となった。「素直にやっとゴールが入ったのでうれしい気持ちはあるが、喜ぶ状況でもない。もっと貪欲に向上心を持って高みを目指す必要がある」。首位の川崎Fが18日の名古屋戦で勝つか引き分けると連覇は完全に消滅する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年10月18日のニュース