横浜 マルコス先制弾も完敗…Vへ勝ち点17差に拡大

[ 2020年9月6日 05:30 ]

明治安田生命J1第14節   横浜1―3川崎F ( 2020年9月5日    日産ス )

<横浜・川崎F>前半2分、マルコス・ジュニオール(右)がゴールを決める(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 昨季王者・横浜が完敗した。開始2分でルーキーのFW松田のアシストからMFマルコス・ジュニオールが先制となる今季通算9点目。前半は互角の戦いを見せていたが、後半序盤、5分までに2点を失い勝負が決まった。

 MF扇原を筆頭に「まだまだ優勝を諦めてはいない」と臨んだが、勝ち点差は17に拡大。マルコス・ジュニオールは「一人一人のスキルが高いチームだなと思った」、MF天野は「個の質の部分はもっと高めないといけない」と、ともに技術力の差を痛感していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月6日のニュース