ボローニャ・冨安、Cロナとバッチバチ!2失点で敗戦も現地紙称賛

[ 2020年6月24日 05:30 ]

セリエA   ボローニャ0―2ユベントス ( 2020年6月22日 )

前半、Cロナウドと激しく競り合う冨安(AP)
Photo By AP

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)は22日、リーグ再開初戦のユベントス戦にフル出場した。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)と初のマッチアップで存在感を発揮。チームは9連覇を目指し首位を走る強豪に0―2で屈したが、冨安は現地メディアから高評価を得た。コリエレ・ディ・ボローニャ紙は「最も手ごわい敵に対しても、DFの中で最良の選手であることを示した」と称賛。

 ガゼッタ・デロ・スポルト紙も、チーム最高となる6・5点を付け「(C・ロナウドの)フェイントにもよく持ちこたえた。健在で、聡明(そうめい)だった」と称えた。観客不在の中、本職のセンターバックではない位置でも、冨安は着実に進化している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年6月24日のニュース