リバプール南野 久々出場も…チーム無敗記録ストップ

[ 2020年3月2日 05:30 ]

プレミアリーグ   リバプール0―3ワトフォード ( 2020年2月29日 )

<ワトフォード・リバプール>大敗を喫し厳しい表情で引き揚げるアンドリュー・ロバートソン(中央)らリバプールイレブン(AP)
Photo By AP

 イングランド・プレミアリーグで2月29日、南野拓実の所属するリバプールがアウェーでワトフォードに0―3で敗れて今季初黒星を喫した。連勝がリーグタイ記録の18で止まり、昨年1月から続いていた連続無敗は44試合でストップ。南野は0―3の後半34分からリーグ戦で3試合ぶりの出場を果たした。短い時間で一矢を報いることができなかったFW南野は「ゴールを奪うためのプレーを意識して入ったが、結果的に負けてしまって凄く残念」と悔しさをかみしめた。

 優勝が目前のリーグに加え、欧州チャンピオンズリーグとイングランド協会杯も狙うチームで計算できる駒になれるか。「この負けをしっかり受け止めて、次に向けて準備をしたい」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月2日のニュース