リバプール南野 2戦ぶり出場 サラ―お膳立ても初得点逃す…

[ 2020年2月3日 05:30 ]

プレミアリーグ   リバプール4―0サウサンプトン ( 2020年2月1日 )

<リバプール・サウサンプトン>後半、途中出場しシュートを放つリバプールの南野(左)
Photo By 共同

 リバプールのMF南野がリーグ2戦目(公式戦4試合目)で初得点を逃した。後半36分から2試合ぶりに出場し3トップの左でプレー。41分の速攻でゴール前へ走り込み、FWサラーのパスを右足で合わせたが右上に外し「決めないといけない場面だったけど、ちょっとナビ(MFケイタ)とかぶって…。浮かせへんかったら入ってたかな」と悔やんだ。

 前日にサウサンプトンからサンプドリアに移籍した吉田との日本代表対決は実現せず「びっくりしました。直接会えなくて残念。このリーグで7年半も戦っていたのは、僕が今ここでプレーしてみて凄いなと。僕ら(日本代表)の主将は凄く偉大な選手だと思う」と敬意を表した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月3日のニュース