ポドルスキ マレーシア移籍は可能性なし?独有力紙が否定「訪れただけ」

[ 2020年1月16日 21:37 ]

神戸の元ドイツ代表FWポドルスキ
Photo By スポニチ

 J1神戸との契約が今月で満了する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)について、15日付のドイツ有力紙ビルト(電子版)はマレーシアに移籍する可能性を否定した。

 ポドルスキは15日までにマレーシア・スーパーリーグ王者のジョホール・ダルル・タクジム(JDT)を訪問。クラブ公式フェイスブックにスタジアムや練習場など訪問したほか、クラブ首脳と会談する写真が多数投稿されたことから、同クラブに移籍する可能性が報じられていたが、ビルト紙は「ポドルスキはマレーシアを訪れただけ。クラブ(JDT)のオーナーは友人だが、サッカーキャリアの未来はマレーシアにはない」とマレーシアでプレーする可能性はないと伝えた。

 ポドルスキは、今後プレーするクラブについて「街、ファン、スタジアム、プロジェクト、子供の学校、全てがそろわなくてはならない」と話しており、その考えに合わない複数のオファーを既に蹴っているという。ドイツメディアでは、下部組織時代を含めて14年プレーした古巣のドイツ1部ケルンと今後、交渉を開始するかどうかに注目が集まっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年1月16日のニュース