バルサ、C大阪加入のFW西川潤獲得濃厚…地元紙報道、今夏合流か

[ 2020年1月16日 17:03 ]

FW西川潤
Photo By スポニチ

 スペイン1部リーグの名門バルセロナが、今季からJ1C大阪に加入するU―20日本代表FW西川潤(17=桐光学園高)の獲得に近づいていると、15日付の地元有力紙ムンド・デポルティボ(電子版)が報じた。

 昨年7月にJ1鹿島からMF安部裕葵(20)を獲得しているバルセロナは、世界中の有望な若手選手をチェックしており、西川については昨年から注目。C大阪を率いるスペイン人のロティーナ監督からも情報を得ており、18歳の誕生日を迎えて国際移籍が可能となる2月21日以降の獲得を目指している。2月末に契約した場合でも、就労ビザなど移籍関連の手続きに1カ月半~2カ月ほどかかるため、実際に合流するのは夏頃になる見通しという。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月16日のニュース