J3盛岡に2015年J3得点王・岸田がレンタル加入 9戦連続得点のJリーグ記録保持、34戦32発

[ 2019年12月18日 15:29 ]

岸田和人
Photo By スポニチ

 J3盛岡は18日、J2山口のFW岸田和人(29)が期限付き移籍で加入することが決定したと発表した。移籍期間は2020年2月1日から2021年1月31日まで。

 岸田は、来季からの就任が決定した元日本代表DFの秋田豊氏(49)が2013年に当時JFLだった町田(現J2)で監督を務めた際に町田でプレー。2014年には当時JFLだった山口に期限付き移籍すると17得点を挙げてJFL得点王に輝き、J3昇格の原動力となった。山口に完全移籍となった2015年には34試合に出場してJリーグ記録の9戦連発を含む32得点という驚異的な数字を残してJ3でも得点王に輝き、チームのJ3昇格即優勝&J2昇格に貢献した。だが、チームがJ2に昇格した翌2016年には23試合4得点にとどまり、今季は9試合1得点だった。リーグ戦の通算成績はJ2が91試合16得点、J3が34試合32得点、JFLが36試合21得点。

 岸田は盛岡を通じて「J2昇格のため、これから1年間チームに貢献できるように精一杯頑張ります。ご声援をよろしくお願いします!」とコメント。

 山口を通じては「JFL時代からこれまで6年間、このチームの誇りを胸に戦ってきました。しかし、特に2019年はベンチインすらままならずに、チームのために貢献できず、応援して下さっている全ての皆様にプレーをしている姿を見せれずに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。来年は、こんな僕をまた戦力として必要としてくれた秋田監督の下で輝けるように頑張ってきます!」と談話を発表している。町田監督時代以来7年ぶりの現場復帰となる秋田氏との“再会”でかつての輝きを取り戻せるか。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月18日のニュース