G大阪・三浦、日本代表でもチーム引っ張る「立場に関係なくまとめていきたい」

[ 2019年12月6日 05:30 ]

G大阪・三浦 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 E―1選手権に臨む日本代表に選出されたG大阪のDF三浦が、リーダーの自覚を口にした。国際Aマッチ通算8試合ながら、今回は上から3番目。東京五輪世代も多いため、「今までは自分は若手(の立場)でガムシャラにするだけだったけど今回は上の方。チームでやっているようにリーダーシップを持ってやっていきたい」と気合を入れた。

 チームでは昨季から主将に就任。A代表で主将マークを巻く可能性もあるが「立場に関係なくまとめていきたい」と自覚を示した。まずはあす7日の最終戦・浦和戦でチームを統率する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月6日のニュース