J2長崎 高田社長後任は長女の春奈氏に!チェルシー、パリSGと同じ「MSC」が新スポンサーに

[ 2019年11月29日 05:30 ]

J2長崎の(左から)高田明社長、高田春奈新社長、ヴィヴィくん
Photo By スポニチ

 J2長崎は28日、高田明社長(71)の後任に、来年1月2日付で長女・春奈氏(42)が就任すると発表した。現在は明氏が創業した通信販売大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)の取締役でクラブの上席執行役。春奈氏は長崎県佐世保市内で開いた会見で「父のようなカリスマ性はないが、私の個性としていろんな人の力を借りて父のやってきたことをしっかり引き継ぎたい」と抱負を語った。

 春奈氏は昨年から広報など、クラブ運営に携わってきた。Jリーグ史上2人目の女性社長となる見通しで、明氏は「男の世界で戦う覚悟をしてくれたことに感謝」とエールを送った。今季の長崎は1年でのJ1復帰を掲げながらJ2で12位に終わった。春奈氏は「まずは強くなること。来年はより強化してJ1復帰を実現したい」と決意を述べた。

 また、強化部長には竹元義幸氏(46)が就任。「来季はJ2で優勝するだけではなく、その上を見据えたチーム編成を行っていく」と語った。

 ≪来季のユニホーム披露 MSCがスポンサーに≫来季ユニホームも披露され、スイスのクルーズ会社「MSC」が新ユニホームのスポンサーに加わると発表された。明氏は「スポンサー活動には一番力を入れた。県内から日本と広がり、来年からは新しく世界的な大スポンサーに応援してもらえる」と胸を張った。MSCグループは現在、ナポリ、チェルシー、パリSGのスポンサーを務めている。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月29日のニュース